「学びの拠点 」

◎来所される方へ

~新型コロナウィルス感染症対策に関するお願い~

■当センターに来所される方は、新型コロナウィルス感染症の拡大防止対策への御協力をお願いします。

■新型コロナウィルスを含む感染症の対策の基本は、「手洗い」や「マスクの着用を含む咳エチケット」です。

〇石鹸による手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などに心がけてください。〇3つの咳エチケットを心がけてください。・マスクを着用する。・ティッシュやハンカチで鼻と口を覆う。・とっさのときは、袖や上着の内側で鼻・口を覆う。

◎年次経験者研修 受講者のみなさんへ

■年次経験者研修の情報サイトは、右記のバナーからご覧になれます。

研修用情報サイトでは、該当の研修名をクリックすると御希望の研修サイトを見ることができます。

↓こちらをクリックしてください↓

◎教育資料室の再開について(7/8更新)

■教育資料室は7月6日より再開いたしましたので、お知らせいたします。なお、資料室を御利用の際には、以下のことについて御協力くださいますようお願いいたします。

・来室前に健康状態の確認と検温を行い、発熱などの症状がある場合は来室を御遠慮ください。

・資料室内での長時間の利用は、ご遠慮ください。

・マスクの着用・咳エチケット

・社会的距離の確保(1m以上、できれば2m)

・入退室の際の手洗い、手指の消毒

※手指用アルコール消毒液は資料室前に御用意しています。

・定期的に換気として窓を開放します。

◎遠隔学習実践事例の紹介について(6/30更新)

■先進的に遠隔学習を実践している学校や地域等についてセンターHPに掲載しました。ICTを活用した教育活動の参考にしてください。

遠隔学習実践事例の紹介 ←こちらをクリックしてください。

※上記、学習支援サイトのバナーから、遠隔学習実践事例の紹介のバナーをクリックしてもご覧になれます。

◎「センターだより第3号」 発行のお知らせ(6/22更新)

■総合教育センターでは教育情報のトピックをまとめた「センターだより」を発行しています。

今回は、オンライン会議を活用した研修の試行の様子、「チームぴかぴか」の活躍や、心のケアなどを紹介しています。

「センターだより」←こちらをクリックしてください。

◎児童生徒の心のケアについて(6/5更新)

■学校が再開されました。この時期に大切にしたいこと、児童生徒の心のケアについて、児童生徒向け及び保護者向け【6月編】としてまとめました。なお、保護者向け資料につきましては、教職員の方がご覧になっても参考になる内容となっています。

下記の教育相談のページからご覧ください。

教育相談のページ ←こちらをクリックしてください。

◎よい子の電話教育相談・面接相談についてのお知らせ(6/1更新)

■面接相談につきまして、6月1日から再開いたしましたので、お知らせいたします。なお、面接相談を行う際は、感染予防のため、マスクの着用、部屋の換気、アルコール消毒等を実施いたしますので、御協力くださいますようお願いいたします。

「よい子の電話教育相談」につきましては、緊急事態宣言解除後における新型コロナウイルス感染拡大予防のため、電話相談員の人数を縮小して対応しております。このことにより、電話相談がつながりにくい場合がございます。また、Eメール相談につきましても、返信に時間を要する場合がございます。

御迷惑をおかけいたしますが、御理解くださいますようお願い申し上げます。

Carousel imageCarousel imageCarousel image

教員研修(教職員向け)

当日の研修資料等をダウンロードできます

初任・ジャンプアップ5年・中堅・20年

欠席・遅刻・早退届様式のダウンロードができます

希望者の研修

希望者の研修

参加者指定の研修

校長・教頭

その他管理職対象

関係職員者研修

子育て相談実務者

研修

センターの特色ある事業

総合教育センターで行っている

教育研究です

総合教育センターが発行している

教育資料です

過去の授業プランを

ダウンロードできます

その他取り組み

Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

国際協力機構教育授業

改善のための教員研修支援

JICAとは?

独立行政法人国際協力機構(JICA/Japan International Cooperation Agency )は、開発途上国への国際協力を行っています。例えば、開発途上国に対して苗木の育て方や稲の植え方などを現地に行って教えています。その他、様々な活動をしています。埼玉県立総合教育センターは、草の根事業協力に積極的に取り組んでいます。

草の根事業協力とは?

開発途上国の地域住民の経済・社会の開発または復興に寄与することを目的としています。多様化する開発途上国のニーズに対応すべく、 草の根レベルのきめ細やかな協力を行うものです。 この埼玉県立総合教育センターでは、草の根事業協力という活動をブラジルやフィリピンの教育省の人たちと教員の指導力向上や多文化共生の理解推進などを求め行われています。

授業力向上・学習向上

Carousel imageCarousel imageCarousel image

「学びの改革」

東京大学CoREFと

連携しています

どれだけ自分が伸びたか

を調査しています