研修案内はこちら
研修申込はこちら(学校支援コミュニケーションサイト)
研修活用状況調査

研修サポートサイト
教育資料室 蔵書検索
学びの道場・伝統文化に関する優れた授業

11月1日は、彩の国教育の日
 

オンライン状況

オンラインユーザー26人
お知らせ
平成31年度に実施する専門研修等の申込みについて

 4月1日(月曜日)より、平成31年度に埼玉県立総合教育センターで実施する専門研修等についての申込みを開始しました。
 研修の申込みは、左のバナーにある学校支援コミュニケーションサイトから管理職がログインし、入力を行ってください。
 

教育資料室 【一般県民の方も利用できます】

台風等緊急事態における研修会中止等の連絡

研修会中止等の連絡については、研修日前日(研修日の前日が週休日等の場合は直前の課業日)の午後1時を目安として、このホームページに掲載します。

なお、その後の研修の扱いについては、後日担当から連絡します。

 
トピックス

2018/11/01

第5回生徒指導・教育相談中級研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by 指導相談担当
 平成30年10月30日(火)、当センター大研修室にて、「第5回生徒指導・教育相談中級研修会」が開催されました。
 午前中は、「子供の心の理解」と題して、東京成徳大学大学院教授 田村節子先生による講義が行われました。講義の中では体験的な活動も盛り込まれ、受講された先生方は講義題についての学びをより深めることができました。また、子供の話を聞くことの大切さや効果的な聞き方、「親と子が幸せになるⅩとYの法則」など、多くのことを御示唆いただきました。

講義「子供の心の理解」

 午後は、越谷心理支援センター代表取締役・臨床心理士 石渡淳詞先生による講義「短期療法概論」が行われました。短期療法概論(ブリーフセラピー)とは、簡便かつ短時間・短期間の治療・支援を目的とした心理療法です。石渡先生は、ブリーフセラピーの様々なモデルやそれに対応する解決技法を具体的事例を交えてお話しくださいました。

講義「短期療法概論」

 引き続き、研修の締めくくりとして、菊池臨床心理オフィス 臨床心理士 菊池礼子先生に「命の教育~自殺予防~」の講演が行われました。菊池先生からは、気持ちに寄り添うことや助けを求めるサインに気づくこと、関わること、つないでいくことの重要性など、これまでの実践や経験に基づいたお話をいただきました。

講演「命の教育~自殺予防~」

 本日の研修会をもって全5回の研修が終了しました。受講された先生方からは、今日の研修を終えて「子供の顔を思い浮かべながら講義を聞いていた。」「明日からの教育活動に生かしたい。」「周りの先生や保護者の方にも伝えたい。」などの感想がありました。
 また、全5回の研修を通して、「研修に参加して視野が広がった。」「中級研修会に参加してよかった。」「生徒指導・教育相談についてさらに学んでいきたい。」などの感想も多数ありました。

(閉会行事)
 閉会行事では、当センター副所長から本研修の目的の再確認とこれまでの研修の振り返りがありました。受講された先生方が、それぞれの講義、演習、協議で学んだことを活用し、今後の生徒指導・教育相談の推進者となることを担当者一同期待しています。
09:25 | 投票する | 投票数(5) | 教育相談

▲ このページのtopへ
トピックス  |  リンク  |  サイトマップ  |  お問い合わせ&アクセス
埼玉県立総合教育センター 〒361-0021 埼玉県行田市富士見町2-24
(代表)TEL 048-556-6164  FAX 048-556-3396
  © 2007 Saitama Prefectural Education Center, All Rights Reserved.