お知らせ・緊急の連絡
現在、お知らせ・緊急の連絡はありません。
 
 

オンライン状況

オンラインユーザー45人

教育資料室 【一般県民の方も利用できます】

台風等緊急事態における研修会中止等の連絡

研修会中止等の連絡については、研修日前日(研修日の前日が週休日等の場合は直前の課業日)の午後1時を目安として、このホームページに掲載します。

なお、その後の研修の扱いについては、後日担当から連絡します。

 
トピックス

2019/06/07

第1回生徒指導・教育相談チーム力向上研修会

Tweet ThisSend to Facebook | by 指導相談担当
 令和元年6月7日(金)、県内の公立小・中学校、県立高校の先生方、総勢86名が参加して、生徒指導・教育相談チーム力向上研修会が開催されました。
 本研修の目的は大きく2つあります。1つは、校内の生徒指導、教育相談体制づくりについて研修し、校内体制の整備を一層推進させること。もう1つは、
専門スタッフ、関係機関、地域等学校を取り巻くリソースについてその役割と連携の在り方について研修し、学校のチーム力の向上を図ることです。
 当日は、講義「スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーの役割と連携について」、講義「地域・関係機関との連携について」、協議「B方式による事例研究」、講義・協議「生徒指導・教育相談体制充実のための連携の在り方」の4本立てで行いました。
 

 講義「スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーの役割と連携について
 講義の中で、自己紹介や意見交換をしながら、先生方同士の交流を深めました。


 
 講義「地域・関係機関との連携について」
 学校を取り巻く、様々な関係機関と連携・協働していくことが大切です。「どのような機関とどのような場面で連携できるか、改めて見直したい」という感想も受講生からありました。

 協議「B方式による事例研究」
 事例研究では、異校種の先生とも協議することで、視野が広まったと感じた先生も多くいらっしゃいました。これは、生徒指導・教育相談研修会のメリットの一つです。

 講義・協議「生徒指導・教育相談体制充実のための連携の在り方」
 埼玉大学教育学部 教授 沢崎先生を講師にお招きし、講義と演習を行いました。5人・6人のグループに分かれ、個人に提示された限られた情報を伝え合い、精査し、情報を積み上げていくことで、課題の解決に結びつける体験をしました。
 先生方が、互いに伝え合う中でチーム力が向上していくことを実感することができました。


10:37 | 投票する | 投票数(0) | 教員研修
学びの道場・伝統文化に関する優れた授業研修サポートサイト教育資料室 蔵書検索彩の国教育の日
 

▲ このページのtopへ
トピックス  |  リンク  |  サイトマップ  |  お問い合わせ&アクセス
埼玉県立総合教育センター 〒361-0021 埼玉県行田市富士見町2-24
(代表)TEL 048-556-6164  FAX 048-556-3396
  © 2007 Saitama Prefectural Education Center, All Rights Reserved.