研修案内はこちら
研修申込はこちら(学校支援コミュニケーションサイト)
研修活用状況調査

研修サポートサイト
教育資料室 蔵書検索
学びの道場・伝統文化に関する優れた授業

11月1日は、彩の国教育の日
 

オンライン状況

オンラインユーザー36人
お知らせ
平成31年度に実施する専門研修等の申込みについて

 4月1日(月曜日)より、平成31年度に埼玉県立総合教育センターで実施する専門研修等についての申込みを開始しました。
 研修の申込みは、左のバナーにある学校支援コミュニケーションサイトから管理職がログインし、入力を行ってください。
 

教育資料室 【一般県民の方も利用できます】

台風等緊急事態における研修会中止等の連絡

研修会中止等の連絡については、研修日前日(研修日の前日が週休日等の場合は直前の課業日)の午後1時を目安として、このホームページに掲載します。

なお、その後の研修の扱いについては、後日担当から連絡します。

 
トピックス

2018/08/01

特別支援学校初任者研修「集団活動体験研修Ⅰ」

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別支援教育担当
 平成30年7月26日(木)、27日(金)に平成30年度特別支援学校初任者研修「集団活動体験研修Ⅰ」を実施しました。
 「集団活動体験研修」はチームティーチングを行う場面が多い特別支援学校の教員にとって大切なチームワーク、協調性、信頼関係を集団活動の体験を通して学ぶ研修となっております。昨年度は神川げんきプラザで2日間実施していたものを、今年度は1日目を総合教育センターで、2日目を神川げんきプラザで実施します。

 1日目となる今回は、研修中に呼び合うキャンプネームを決めることから始まり、集団ゲームを通して、課題解決に取り組みました。
  「ビーイング」

 活動をするにあたり、班の意識を高めるため、大切にしたいこと、してはいけないことを図にまとめました。
  「エブリボディアップ」

 手をつなぎ、つま先を付けた状態で一斉に立ち上がる方法を考えました。
   「クモの巣」

 はられた糸に体が触れないように協力しながら、糸の反対側へ全員が移動します。
  「ヘリウムリング」

 フラフープを人差し指に乗せて、指からフラフープが離れないようにしながら、フラフープを下げます。
  「TPシャッフル」

 平均台の上で一列になり、ある条件に合った順番に並び替えます。
  「マシュマロ・チャレンジ」

 パスタ、テープ、ひも、マシュマロを使って、自立可能なタワーを作り、高さを競います。
 お互いに声を掛け合ったり、アイデアを出して、それぞれのプログラムの達成を目指す姿が見られました。
 次回の「集団活動体験研修Ⅱ」は神川げんきプラザにて、8月6日(月)、7日(火)、8日(水)、9日(木)の4日間に分かれて実施する予定です。
07:51 | 投票する | 投票数(8) | 教員研修

▲ このページのtopへ
トピックス  |  リンク  |  サイトマップ  |  お問い合わせ&アクセス
埼玉県立総合教育センター 〒361-0021 埼玉県行田市富士見町2-24
(代表)TEL 048-556-6164  FAX 048-556-3396
  © 2007 Saitama Prefectural Education Center, All Rights Reserved.